日本経営調査士協会 協会概要 所在地図 お問合せ トップページへ戻る
日本調査士協会
概要  
新会員募集
上場・内部統制
事業委員会
学校経営支援
活動のご案内
会員の方へ
  お知らせ
事業報告
事業計画
経済産業相所感
厚生労働相所感
倫理規程
報酬規程
事務局便り
 TOP倫理規程

倫理規程
 

一般社団法人 日本経営調査士協会 倫理規程

第1条(目的)
この規程は、当協会の会員が遵守すべき規範を示し、その品位、資質を保持し、社会的信用 の維持、向上をはかることを目的とする。会員並びに当協会が認定する会員外の職業資格者は 、本規程を常に遵守しなければならない。

第2条(会員の任務)
会員は企業経営及び人事に関して、調査、分析、改善勧告、指導、監査、または、総合調査 、教育訓練を行ない、顧問先ならびに地域社会・国家社会に貢献することを任務とする。

第3条(能力向上)
会員は前条の任務を遂行するため人格、識見ならびに専門的な能力の向上につとめなければ ならない。

第4条(信用保持)
法規および当協会の諸会則を遵守し、他の職域を犯さず、粗暴、怠惰、驕慢を慎み、信用の 保持につとめなければならない。

第5条(執務態度) 執務に当っては科学的・経験的に妥当な理論に立脚した最適方法を選び、誠意をもって効果 的に遂行しなければならない。

第6条(守秘義務)
第1項 業務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。
第2項 業務終了後といえども善良な管理者の注意をもって秘密を守らなければならない。
第3項 執務に当って個人情報を取り扱う際は、協会が規定する個人情報の取扱い諸規程を 尊重し遵守しなければならない。 第4項 前各項の義務について、悪意をもって違反した場合は、理事会の審議により、相応 の損害賠償を求めることとする。

第7条(報酬)
業務に関し不当な報酬を請求してはならない。業務報酬の基準は、協会が規定する業務報酬 規程を尊重するよう努力しなければならない。

第8条(代理者等) 不適格な者を代理者や補助者として業務を取り扱わせてはならない。

第9条(業務妨害の禁止)
第1項 正当な理由なく他人の業務を妨害してはならない。
第2項 同業者との不当な競争を避けるよう常に留意しなければならない。また協会および 協会の他の会員の業務と競業するような業務の受託を受託してはならない。
第3項 同業者を誹謗・中傷してはならない。

第10条(誇大・悪質な宣伝の禁止)
業務に関し虚偽、過大・悪質な宣伝をしてはならない。

第11条(称号濫用の禁止)
経営調査士、経営アナリスト、及び、上級IPO実務士、上級内部統制実務士、IPO・内 部統制実務士の称号を業務以外に濫用してはならない。当協会が認定する正会員外の職業資 格者の称号も同様である。

第12条(業務受託と信頼関係、違法行為等幇助の禁止)    
正会員及び協会が認定する有資格者は、業務委託者との信頼関係を保持し、委託者との契 約を忠実に守り紛議を生じないよう常に努めなければならない。また業務の遂行にあたって は、業務委託者における違法行為又は反社会的行為を幇助するような指導をしてはならない 。

第13条(本規程に係る報告義務)      
第1項 正会員及び協会が認定する有資格者は、本規程に係る遵守の状況について、協会に 対して、常に速やかに報告する義務を負う。
第2項 前項の報告義務について、悪意をもって怠った場合は、正会員及び協会が認定する 資格登録を停止または抹消することがある。
第3項 正会員及び協会が認定する有資格者(同希望者を含む)は、氏名・住所・連絡先・勤 務または経営する団体称号・役職名に係わる事項について、その異動を含め、常に速 やかに報告する義務を負う。

附 則 1 昭和56年4月1日 制定
附 則 2 平成15年5月10日 一部改訂
附 則 3 平成19年8月9日 一部改訂
附 則 4 平成21年2月14日 一部改訂
附 則 5 平成25年8月5日 一部改訂
附 則 6 平成27年11月20日 一部改訂
附 則 7 平成29年5月20日一部改訂
附 則 8 令和04年4月1日 制定 以上

以上


© 2008 JMCA. All rights reserved.